高齢化社会の影響もあり、介護付有料老人ホームが注目を集めています。

介護付有料老人ホームには要援護者だけを受け入れる「介護専用」と健常者と要援護者の双方を受け入れる「混合型」の二つの種類があります。

入所基準は比較的緩く、65歳以上で、介護認定(要援護1~要介護5)、認知症にも対応可能で、収入、資産などの制限は一切ありません。
このように幅広く入所を受けることができ、また施設に収容できる定員数も多い点と様々なサービスを受けることができ、充実した生活が保障されているのが注目されている理由です。


サービス内容に関してはどうでしょう。
大きく分けて、生活の援助、身体の介護を基本として、身体の機能回復、医療処置の二つは施設ごとに異なるという形です。



見守りや食事・入浴・掃除・洗濯の世話・食事・排泄・服薬や健康管理などの介護に加え、リハビリテーション・カウンセリング、医療処置など様々なサービスを受けることが可能です。

このように多彩なサービスを受けることができるので、生活の質の維持ができます。


また認知症などの精神疾患に対する対応も可能なので、介護疲れなどに悩んでおられる方にも大きなサポートとなります。



介護付有料老人ホームは施設により、サービス内容が違います。施設数も多いので、利用者に合った施設、環境を選ぶことができるので、非常に便利です。



利用料金が比較的割高にはなりますので、事前に確認の上利用するようにしてください。

Copyright (C) 2016 介護付有料老人ホームの入所基準やサービス内容 All Rights Reserved.